ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
マスコミ・セミナー等のスケジュール

馬渕治好の代表的なスケジュールについて、掲載しています。今後の予定については、詳細が未確定なもの、変更される可能性があるものが、含まれています。
なお、メディアへの登場については、定期購読のみであったり会員制をとっているなどの形で一般の方々の目に触れにくいメディアは、ここには掲載していません。
セミナーは、種々の事情で掲載していないものもあります(当ページに掲載されていないセミナーも数多く行なっています)。
テレビ
2022/9/29(木) 日経CNBC 昼エクスプレス 15:15~15:45
2022/9/27(火) ストックボイス 東京マーケットワイド 10:15~10:30
2022/9/8(木) BSテレ東 日経プラス9 21:35~21:45
2022/8/30(火) ストックボイス 東京マーケットワイド 14:00~14:15
2022/8/22(月) ストックボイス WORLD MARKETZ 22:37~22:55
2022/8/3(水) BSテレ東 日経プラス9 21:35~21:45
2022/8/2(火) ストックボイス 東京マーケットワイド 10:15~10:30
2022/7/19(火) ストックボイス 東京マーケットワイド 10:15~10:30
2022/7/15(金) ストックボイス Tokyo Financial Street 17:30~18:00
2022/7/13(水) 日経CNBC 昼エクスプレス 15:15~15:45
2002/7/5(火) ストックボイス 東京マーケットワイド 10:15~10:30

2022年6月以前のものは、こちらをご覧ください。

番組の性質上(生放送で、その時その時の時事を扱っているため)、出演時間が多少前後することがあります。上記の時間帯も、正確なものではなく、馬渕が登場する時間の目安です。

ストックボイスはインターネットTVです。
http://www.stockvoice.jp/
「東京マーケットワイド」は、TOKYO MX(東京近郊の地デジ、9チャンネルの3)、三重テレビ(三重県地区の地デジ、7チャンネルの2)でも同時放映されます。


ラジオ
2022/11/2(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/10/19(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/10/13(木) ラジオNIKKEI ザ・マネー 14:30~16:00
2022/10/5(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30

2022/9/21(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/9/7(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/8/31(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/8/17(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/7/27(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/7/20(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30
2022/7/6(水) ラジオNIKKEI マーケットプレス 9:00~11:30

2022年6月以前のものは、こちらをご覧ください。

番組の性質上(生放送で、その時その時の時事を扱っているため)、出演時間が多少前後することがあります。上記の時間帯も、正確なものではなく、馬渕が登場する時間の目安です。

ラジオNIKKEIでは、過去の放送をオンデマンドで聞ける場合があります。
http://www.radionikkei.jp/
をご参照ください。


新聞
2022/9/15(木) 日本経済新聞 夕刊「十字路」「株式投資はインフレに強い?」
2022/8/10(水) 日本経済新聞 夕刊「十字路」「日本を竜頭蛇尾とするな」
2022/7/5(火) 日本経済新聞 夕刊「十字路」「推察のブーメランに用心を」

2022年6月以前のものは、こちらをご覧ください。

雑誌・ムック
2022年8月29日発売「週刊エコノミスト」2022年9月6日号(毎日新聞出版社)
       「これから米国株が上がるワケ 歴史的悲観相場から大脱出」

2022年5月30日発売「週刊プレイボーイ」2022年6月13日号(集英社)
       「「米国株インデックス」買い時はいつ?」
2022年5月23日発売「週刊エコノミスト」2022年5月31日号(毎日新聞出版社)
       「日本株見通し 市況波乱続く見通し 年末にかけ3万円台回復も」
2022年4月18日発売「週刊エコノミスト」2022年4月26日号(毎日新聞出版社)
       「ワシントンDC 「反グローバル化」の背景変化」

2022年3月14日発売「週刊東洋経済」2022年3月19日号(東洋経済新報社)
       「株価はどうなる?/ブーケ・ド・フルーレット代表 馬渕治好」
2022年2月28日発売「週刊エコノミスト」2022年3月8日号(毎日新聞出版社)
       「日本株 一段の下落余地も 年末に3万円台回復の可能性」

2021年以前のものは、こちらをご覧ください。

書籍・報告書等(古いものが含まれています)
【書籍】

「コロナ後を生き抜く 通説に惑わされない投資と思考法」 (金融財政事情研究会)
(2020年11月26日(木)発売)
https://www.amazon.co.jp/dp/432213596X/

「投資のプロはこうして先を読む」(日本経済新聞出版)(2018/9/12(水)発売)
https://www.amazon.co.jp/dp/4532263859/

「投資の鉄人」(日本経済新聞出版)(共著)(2017/4/12(水)発売)
https://www.amazon.co.jp/dp/4532263395/

「勝率9割の投資セオリーは存在するか:長期データを検証し分析する」(東洋経済新報社)
(2016/4/22(金)発売)
http://www.amazon.co.jp/dp/4492733345/

「ゼロからわかる 時事問題とマーケットの深い関係」(金融財政事情研究会)(2015/10/2(金)発売)
http://www.amazon.co.jp/dp/432212822X/

「株への投資力を鍛える」(東洋経済新報社)(2006年)
http://www.amazon.co.jp/dp/4492732217/

【電子書籍】

「馬渕ゼミナール 拡大する内外インフラ投資~高品質の逆襲」(アイロゴス)(2014年)
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00J4IFT7I

「馬渕ゼミナール第2弾 面白いほどわかる海外投資家の動向」(アイロゴス)(2014年)
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00LUE7SI2

【報告書等】

「PHPグローバル・リスク分析」2022年版(PHP総研)(共著)(2021年12月)
https://thinktank.php.co.jp/policy/7210/

「PHPグローバル・リスク分析」2021年版(PHP総研)(共著)(2020年12月)
https://thinktank.php.co.jp/global-risks-2021/

「PHPグローバル・リスク分析」2020年版(PHP総研)(共著)(2019年12月)
https://thinktank.php.co.jp/policy/5967/

「PHPグローバル・リスク分析」2019年版(PHP総研)(共著)(2018年12月)
https://thinktank.php.co.jp/policy/5281/

「PHPグローバル・リスク分析」2018年版(PHP総研)(共著)(2017年12月)
https://thinktank.php.co.jp/policy/4308/

「PHPグローバル・リスク分析」2017年版(PHP総研)(共著)(2016年12月)
http://thinktank.php.co.jp/policy/3634/

「PHPグローバル・リスク分析」2016年版(PHP総研)(共著)(2015年12月)
http://research.php.co.jp/research/foreign_policy/policy/PHP_GlobalRisks.php

「PHPグローバル・リスク分析」2015年版(PHP総研)(共著)(2014年12月)
http://research.php.co.jp/research/foreign_policy/policy/PHP_GlobalRisks.php


電子媒体等
2022/9/26(月) 東洋経済オンライン「米国株はどうなる?「重要な7つの質問」に答える」
2022/9/22(木) 時事通信「〔FOMC反響〕「最悪シナリオ」かなり織り込んだ」
2022/9/12(月) 東洋経済オンライン「壮大な「単なる買い戻し相場」が来るかもしれない」
2022/8/29(月) 東洋経済オンライン「個人投資家は「8月の米株急落」でどう動くべきか」
2022/8/15(月) 東洋経済オンライン「「年末の株高は不変」でも頭に入れておくべきこと」
2022/8/9(火) 時事通信「株価の基調は上向き」
2002/8/8(月) 株探「日経平均2万8000円のステージ、今後の展望は」
2022/8/1(月) 東洋経済オンライン「過度の不安が薄らいだアメリカ市場の「次の懸念」 」
2022/7/18(月) 東洋経済オンライン「底堅くなってきた日本株か抱える「中国リスク」」
2022/7/4(月) 株探「週明け反発、2万6000円台回復で次の局面は」
2022/7/4(月) 東洋経済オンライン「アメリカの「景気後退懸念」はかなり行きすぎだ」

2022年6月以前のものは、こちらをご覧ください。

セミナー
2022/12/13(火) 2023年の日本株式市場展望
場所:ナディアパーク3階 デザインホール (愛知県名古屋市中区)
主催:名古屋証券取引所
名古屋証券取引所主催「株式投資ウインターセミナー2022」の一部です。
詳細やお申し込みは、
https://www.nse.or.jp/news/2022/0725_9273.html
を、ご覧ください。

2022/10/29(土) 自主開催「世界経済・市場展望」
場所:JーCOM中央区民センター 3階第3会議室 (大阪府大阪市中央区)
主催:ブーケ・ド・フルーレット
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/aa013e71a763b98f3077b0dcff7b9885/
を、ご覧ください。

2022/10/23(日) まぶりんの、経済・市場分析バトルロワイヤル
             みんなで一緒に考えよう、そうしよう
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室1 (東京都渋谷区)
主催:マネーの会
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/1fe0a4e0dd8b9678b77dbc1cf543f89f/
を、ご覧ください。

2022/10/22(土) 自主開催「世界経済・市場展望」
場所:横浜新都市ビル 9階 ミーティングルームB (神奈川県横浜市西区)
主催:ブーケ・ド・フルーレット
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/fbc3d3a69f26ff509d802bd639d5fc69/
を、ご覧ください。

2022/10/15(土) 自主開催「世界経済・市場展望」
場所:TKP札幌ビジネスセンター赤レンガ前 5階 5B (北海道札幌市中央区)
主催:ブーケ・ド・フルーレット
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/2280aee670a46b35961b5ef9c67465dd/
を、ご覧ください。

2022/10/8(土) 自主開催「世界経済・市場展望」
場所:ウインクあいち 9階908会議室 (愛知県名古屋市中村区)
主催:ブーケ・ド・フルーレット
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/df58d7c73f623db277626535b833dd79/
を、ご覧ください。

2022/10/1(土) 自主開催「世界経済・市場展望」
場所:高岡市生涯学習センター 5階研修室502 (富山県高岡市)
主催:ブーケ・ド・フルーレット
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/4c84a4d916f514fa256cfd10115b005f/
を、ご覧ください。

2022/9/25(日) 自主開催「世界経済・市場展望」
場所:ウェブ空間
主催:ブーケ・ド・フルーレット
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/f5d924dc36c26648377fe1a60ddbf698/
を、ご覧ください。

2022/9/23(金、祝) 自主開催「世界経済・市場展望」
場所:葛西区民館 集会室第4 (東京都江戸川区)
主催:ブーケ・ド・フルーレット
有料セミナーです。
詳細やお申し込みは、
https://www.kokuchpro.com/event/8adc36520eafb138a8fd0593a494a15f/
を、ご覧ください。



Photo at Nasu,Tochigi in August 2012


フッターイメージ